お知らせ
月刊アーカイブ: 2015年 6月

~颯(そう)の意味~

更新日:

皆様より、颯ってどういう意味ですか?と、度々ご質問いただきます。

私たちの思いを込めた字ですので、こちらで紹介させていただきます。


「颯(そう)」の字は「キビキビとした」「キリリとした」という意味です。

大人のあなたが、あなたらしく、キリリと生きていく姿をイメージし、この文字に思いを込めました。

洗練された大人の空間「颯」でのリハビリテーションを通じ、

あなたらしく、颯爽と生きるご自身を見つけて下さい。


ちなみに颯(そう)は他に <はやて> とも読みます。

また、颯爽<さっそう>という使い方もします。

最近はお名前で付けられる方もいらっしゃいますね。

漢字変換の難しい字なので参考にしていただければと思います。

 

月刊アーカイブ: 2015年 6月

うらやま新聞について

更新日:

こんにちは!
リハデイサービス颯 浦山の理学療法士の白崎です。

現在、当施設で1ヶ月に1回の配布を行っている、うらやま新聞というものがあります。
うらやま新聞6月号には、熱中症の注意喚起を兼ねて、対策方法を掲載しました。

近年、室内での熱中症が増加しているそうです!
対策として、お茶やアルコールには水分を体外へ排出する作用があるため、水分補給にはお勧めしていません。
そのため、水分補給には食塩水やイオン飲料、経口補水液が適しています。
そして、利用者様にも多いのですが、トイレに行きたくなるから飲むのを控えているという方!!
歳をとるにつれて、喉が乾いたと感じにくくなっているため、喉が乾いてからではすでに脱水や熱中症に
なってしまうケースもあると思います。
その他に、無理をせずにクーラーや扇風機を使用することです。

このような、季節ごとに合わせての注意喚起を掲載したり、
1ヶ月に1回の配布の中で、利用者様のリハビリの様子も掲載させていただいております。
リハビリの様子をご紹介させていただいた利用者様は、もっと頑張ろうとモチベーションが上がったり!!
新聞を見た利用者様があたしもできるかもしれないと、前向きな姿勢になられる方がいたり!!
新聞の目的の一つとして、相乗効果を期待しています。そのため、リハビリの様子も紹介させていただいております。

月刊アーカイブ: 2015年 6月

利用者様でにぎわってまいりました!

更新日:

こんにちは!
リハデイサービス颯 浦山の理学療法士の白崎です。

春に当施設がオープンをしてから、ありがたいことに、ご利用してくださる方が増えております。
利用者様の中には、折り紙を持参され、皆様でわいわい楽しみながら折り紙を折る場面や
マシンを行う時に、励まし合いながら行っている場面もありました。
このように、現在では、利用者様同士でのご歓談がとても盛り上がっています!

今後も、引き続きのお問い合わせ、お待ちしております!

施設の概要

  • リハデイサービス颯 浦山
  • 地図・アクセス
  • スタッフ紹介

お問い合わせはこちら

ページ上部へ